かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

そのコメント、信頼を無くしていることに気付かないのだろうか?

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170222224840j:plain

昨日イベントの企画に関する記事を書きました。

既存のコミュニティに後から参加することのハードルが高過ぎる件 - かつおログ

 

今やSNSを使って簡単に不特定多数の人たちに対してイベントのお誘いができるご時世。

便利になったものですよね。

 

しかし、そんなイベントのお誘いに関するページを見ていると、なんだかなあと思う場面が多いです。

 

今回はそんな話。

 

半年後のイベント募集に対する反応

知人が毎年ゴールデンウイークに恒例で開催しているイベントについて見てみます。

 

「学校」にまつわる活動をする一風変わった企画で、毎回50人を超える集客力を誇るイベントです。

リピーターも多数。

 

活動実績も既に5年目。運営者はトップの1人以外は毎年新しく募るスタイルで活動しており、イベント企画者の鑑だなあ、と尊敬しています。

 

さて、そんな彼のイベント、SNS上でも参加者を募集するのですが、その告知は早くも半年前からスタートします。

そのコメント欄を見てみると・・・

 

「行けたら行きます!」

 

「今回こそは行きたいです!」

 

なんて書き込みがちらほら。

 

そのコメント、どうなの?と思わずにはいられません。

 

「行けたら行く」という失礼さ

特に「行けたら行く」って、企画者に対して失礼極まりないと思うのです。

だって、半年後の予定ですよ?

 

まだ予定が分からないから「行けたら行く」という曖昧な返答をしてしまうのだと思いますが、まだ予定が分からないからこそ、その日を今イベントのために確保しておけばいいのでは?

 

早速カレンダーにそのイベントの予定を書き込んだのなら、「行けたら行く」なんて言葉は出てこないはずです。

 

つまり、「直近になって気が向いたら行こうかな、という程度の興味しかありませんよ」ということを企画者に伝えているも同然なわけです。

それを感じ取れないほど鈍感な企画者っていないですよ?

 

そんなコメントを書かれるぐらいなら、何も反応されない方がマシです。

 

「今回こそは行きたい」も同様。

どうしても行きたいのなら半年後の予定ぐらい確保できます。

 

それをしないのだから、やはりその程度の興味しかないということ。

 

本当に興味がある人は「行きます!」と断言できるはずです。

それでギリギリになってどうしても外せない用事が入る可能性もあるとは思いますよ?

 

それは別の話です。その日のためにカレンダーを空けておくという意思があるかないかという点が重要です。

 

曖昧な返答をする人の心理

僕には理解できないところなので推測でしかありませんが、「行けたら行く」に類するコメントをわざわざ書き込む人は「興味を持たれた方がきっと企画者も嬉しいだろう」という余計な気遣いをしてしまう人なのではないでしょうか。

 

だとしたら、完全に逆効果です。

本気で参加する気がないのなら、心の中に応援の気持ちをしまっておくにとどめた方がお互いに幸せになれます。

 

更に大きなデメリット

また、「行けたら行く」発言が及ぼす影響は企画者の気分を害するだけにとどまりません。

 

一般的に、SNSの投稿に対するコメント欄は誰でも閲覧することができるため、後からその投稿を見た人にも悪影響を与えます。

 

考えてみてください。

 

「行けたら行きます!」

「行けたら行きます!」

「行けたら行きます!」

「行けたら行きます!」

「行けたら行きます!」

 

ってコメントが並んでいたら、参加する気が削がれませんか?

「ああ、みんなそんなに興味ないんだな」って思いますよね?

 

まあ、最終的には集客に悪影響が出るということで割を食うのは企画者に他なりませんが、イベントを楽しみにしている他の参加者だっていい気はしないでしょう。

 

傍から見ていてもそう感じるんですから、企画者本人にしてみたら相当寂しいと思います。

 

最後に

例で挙げた学校にまつわるイベントの企画のように、ある程度の集客力を有するようになってくれば、多少の打撃は痛くも痒くもないでしょう。

 

ですが、「初めてのイベント企画だ!ドキドキ」な企画者に対して「行けたら行きます」コメントが連発される光景見たらどう思いますか?

 

切なすぎだろ、そんなの!

 

だったら何も反応してくれなくていいよ!

いや、それも寂しい!

 

以上!

 

かつおログに対するご意見はこちらから

かつおログへのお問合せについて - かつおログ