かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

エアコン穴がない部屋で穴をあけずにエアコンを設置する方法

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170613210800j:plain

エアコンを新しく設置しようとした時、通常エアコン本体と室外機を配管でつなぐ必要があります。

この時に配管を通すための穴が壁に空いていれば特に問題はないのですが、この穴がなかった場合はどうすればいいのでしょうか。

 

僕が今住んでいる賃貸は入居時にエアコンが設置されておらず、エアコン穴もない状態でした。

新しく穴をあけるしかないのかと気が重くなったものですが、あけずに済む方法で対処できたのでその結果についてまとめます。

 

エアコン穴をあけずに配管を通す

文章で説明するより写真で示した方が分かりやすいと思うので載せていきます。

f:id:Katsuox:20170613211322j:plain

こんな感じ。どういう状態か分かるでしょうか?

もう少し視点を下側に移してみます。

f:id:Katsuox:20170613211423j:plain

右側についている銀色の部分。これは後から窓枠にはめこんだものです。

つまり、配管を通すための穴があいている金属板を窓枠にはめ込むことで、壁に穴をあけずに室外機とエアコン本体を繋いだというわけです。

常識なのかもしれませんが、エアコン穴のない部屋にエアコンを設置したのは初めてだったので「こんな方法があるのか!」と驚かされました。

 

メリット

なかなか画期的な方法ではありますが、壁に穴をあけることと比べてメリットもデメリットもあるので紹介していきます。まずはメリットから。

 

メリット1:コストがかからない

壁に穴をあけるのに比べてコストがかからないのが嬉しいです。

窓枠にはめ込むだけなので時間がかからないという利点もあります。確か30分程度で済んでいたはず。とにかくお手軽です。

 

メリット2:許可を得やすい

賃貸であれば大幅に家を改修することは難しいですよね。

特に屋外に貫通する穴を壁にあけるとなると、大家さんに許可を取るためのハードルが上がってしまいます。

一方、この方法なら壁穴と違って元に戻すことが容易なので許可を得るためのハードルは低くなりやすいと思われます。

 

ただ、大家さんに無断でやってしまうのはトラブルの元なのでやめましょう。

 

デメリット

続いてデメリットを挙げていきます。

 

デメリット1:窓が完全に閉まらなくなる

当然ですが、窓枠に異物が入り込むので窓を閉め切ることはできなくなります。一応しっかりはまっているので隙間が気になると言うことはありませんが、問題はこちら。

f:id:Katsuox:20170613212906j:plain

そう、鍵が閉まらなくなるんです

ご覧の通りかなりチープな後付けの鍵を付けて応急処置をしている形。セキュリティを気にされる方にはちょっと厳しい選択肢かもしれませんね。

 

マンションの高層階だと少し心理的負担は減るかもしれません。

 

デメリット2:窓が必要

エアコンを設置したい位置の付近に窓が必要になります。余りないケースだとは思いますが、もし窓がなければ使えない手段と言うことでデメリットになり得ます。

まあ、部屋の構造上の問題と言う意味なら壁に穴をあけることも部屋の構造に左右される部分はあるので、どちらも一長一短ですね。

 

電源の問題

また、エアコンを設置する時に壁の穴とセットで必要となるのが電源です。

僕が今住んでいる賃貸では幸いエアコン用の電源だけは確保されていたので穴をどうするかだけ考えればよかったのですが、電源が無いとなるとどうしても大規模な工事が必要となってきます。

穴と違ってこんな小手先の対処法もないでしょうしね。

 

実際に工事していないので詳しいことはお話できませんが、エアコンを新しく設置する場合はこの辺りが必要になってくることを頭に留めておくといいかもしれません。

 

賃貸で新しく部屋を選ぶ時は

  • エアコンが設置済かどうか
  • ない場合は電源と穴はついているか
  • 室外機を置くスペースはあるか

を事前に調べておくといいですね。この条件が欠けている部屋を選ぶのは避けるというのも解決策の1つです。

 

さいごに

といっても、今時エアコンが設置済じゃない部屋を探す方が難しいんかな?

 

以上!