かつおログ

低収入のサラリーマンが楽しく生きるための方法を考案するブログ

平気な顔で残業ができる人たちの神経が理解できない件について

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170222225956j:plain

 

世の中には残業が溢れています。

 

残業をするにも様々な理由があると思いますが、どんな理由があるにせよ、平気な顔で残業をする人たちがすごいなあ、と思うと同時に、どうしてそこまでできるのかが全く理解できません。

 

今回は残業について語ります。

 

残業をする理由

一口に残業をすると言っても、やむを得ずなのか、好んでなのか、皆さん色んな事情がありますよね。

 

  • 業務が立て込んでいるから
  • 残業代を稼ぐため
  • 職場全体が定時で帰れない雰囲気だから

 

などが最も多い理由になるでしょうか。

いずれにしても余りポジティブな理由だとは思えません。

 

成果重視の風潮が生まれてきているとはいえ、まだまだ長時間労働を正義とする職場もありますし、個人の意思だけではどうにもならない現状があると思います。

 

それでもみんな平気な顔で残業している

「今は遅くても毎日20時には帰れますねー」

 

なんて言うと、

「えー、そんな早く帰れるんだ!いいな」という声が聞こえてきます。

 

皆さんそんな感覚なんですか?

 

「毎日終電で大変だ」とか言いつつ、平気な顔でそれをこなしている様を見ると、すごいなあ、と思います。

 

もちろん、内心では疲弊しきっているのかもしれませんが、それを感じさせないような仕事ぶりを発揮しているのがすごい。

 

僕なんか、定時を1時間過ぎようものならイライラして仕事が手につかなくなってきます。

 

おそらく態度にも出ていると思います。

 

ほんと嫌いなんですよ。残業が。

残業代とかいらないですから、毎日定時に帰りたいです。

 

残業が嫌になる負のスパイラル

仕事で成果が挙がらない→楽しくない→仕事効率が落ちる→残業せざるを得なくなる

 

どれがスタート地点かは分かりませんが、こんなスパイラルに陥ってる感がすごいです。

こんな状態で人生楽しいなんてありえないよ!

 

でも、結構これにハマっている人多いんじゃないでしょうか?

いつまでも腕をこまねいているだけじゃ抜け出せないですよね。

 

なんとなくで書きましたけど、始点は「成果を挙げること」で合ってるんじゃないかなーと思います。

 

能力を高めないとダメですね。

 

残業なしに向かう理想形

理想は定時に帰っても文句を言われないぐらい成果を上げて、出世もせず、職場の隅っこで細々やること!

 

以上!