かつおログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

量と質どっちが大事か?ポケモンで考える量の重要性

ブログ ブログ-ブログ論
Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170223211729j:plain

 

ポケモンって今全部で何種類いるか知ってます?

 

今月発売するポケットモンスター サン・ムーンで781種類になるそうです。

全国ポケモン図鑑順のポケモン一覧 - Wikipedia

 

すごいですよね。

 

151の思い出。めざしてー、頑張ろうとか言ってた時代が懐かしいです。

 

今日はそんなポケモンとブログ運営に共通点を見出したいと思います。

 

見向きもされない哀れな存在

こんな記事を見付けました。

pokemon-matome.net

なんでやたら虫と鳥に偏ってんの・・・?

ポケットモンスター サン・ムーンのポケモンが発表される前の記事なので、上で挙げた総数と異なっていますが、いずれにしても700匹も超えていたら見向きもされないポケモンが出てくるわけです。

 

悲しいなー。オニドリルさんとか結構好きなんだけど。

初代のポケモンたちは全体的に愛着があります。

 

で、こんな統計見てると、ふとブログのことが思い浮かびました。

ブログだって、たくさん記事を増やしていく中で、人気記事と見向きもされない記事が当然出てきますよね。

 

じゃあ、アクセスのない記事は全部無駄なのか?

見向きもされないポケモンたちは消えてもいいのか?

 

そんなことはありません。

 

例えば人気のポケモン上位300匹ぐらい残して、残りは全部リストラしようものなら、かなり寂しいことになるでしょう。

 

玉石混合とはいえ、781という数字はポケモンシリーズが培ってきた力だと思うのです。

図鑑を埋める楽しみも、お気に入りの一匹を決める楽しみも、数があってこそです。

 

数の力

ブログも同じです。

質と量どちらが重要か、という話題がよく議論されていますが、僕は断然量を推したい。

 

なぜか?

 

質を定量的に測定するのは難しいですが、数は積み重ねた分を定量的に把握することができるからです。

「今までこれだけやってきたんだ」という実感が目で見て分かるのはモチベーションの維持にも大いに役立ちます。

1日〇記事という具体的な目標も立てることができますしね。

 

それに、質が良いかどうかなんて、読者側が判断することです。

いくら読み手のことを考えて書いた記事でも、書き手側が質を決めることはできません。

 

だったら、注力すべきは記事数なり文字数なり、量についてのみ。

1記事1記事と真剣に向き合って数を増やしていくしかありません。

 

質の悪い記事を量産して、Googleからの評価が下がることもあるでしょう。

それでも、積み重ねてきた記事の数は無駄にはなりません。

 

失敗から学ぶことがあるはずです。

まとめ

 とにかく書く!

 

人に読んでもらえるかどうかなんて考えてたら、筆が進みません。