かつおログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

写真を集めてレイアウトするのが楽しいアプリ「Pic Collage」を紹介

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170222225412j:plain

複数の写真を1つにまとめて、自分の好きなようにレイアウトしたいことってありませんか?

アナログであれば、スクラップブックが有名ですよね。写真を好きな形にカットしたり、スタンプを押したり、マスキングテープを貼ったりと自由自在です。

では、電子データで同じようなことはできないのか?僕も旅行の写真を1つにまとめてみたかったので探してみたら、ぴったりのアプリが見付かったのでご紹介します。

 

Pic Collage概要

Pic Collage - 写真コラージュ
Pic Collage - 写真コラージュ
開発元:Cardinal Blue
無料
posted with アプリーチ

Pic Collage。

複数の写真を自分好みにレイアウトしたい時にぴったりなアプリとなっています。スタンプや文字の挿入機能などもあり、ほぼアナログに近い形で好みのレイアウトを実現できる点が魅力です。

以下、実際の画面と簡単な操作方法を画面キャプチャとともにご覧ください。

 

Pic Collage操作法

グリッド編

アプリを起動するといくつかのメニューが出てきます。

まずは最も使いやすい「グリッド」メニューを試してみましょう。

f:id:Katsuox:20170517214527p:plain

 

すると、スマホに保存されている写真を選択する画面になるので、使いたい写真を任意の数選んでみてください。

今回は試しに5枚の写真を選んでみましたが、もちろん1枚からでも作ることが可能です。(1枚だとレイアウトする楽しみがなくなってしまいますが)

f:id:Katsuox:20170517214640p:plain

 

ここで注目したいのが画面下部にある様々なパターンのグリッド。

5枚選んだ場合、10種類以上のパターンから選択することが可能でした。

 

f:id:Katsuox:20170517214940p:plain

写真のサイズを均等にしない、こんなレイアウトもおしゃれでいいですね!デザインセンスに自信がある人は腕の見せ所じゃないでしょうか?

また、センスに自信がなくてもそこそこおしゃれなテンプレートが準備されているので安心です。

 

f:id:Katsuox:20170517215133p:plain

グリッドの上部にあるゲージを使えば、余白の広さを調節することも可能です。

ゲージを右一杯にすることで、1つ前の画像と比べて余白が広がっていることが分かるでしょうか?ごちゃごちゃした写真を並べる場合は余白を広めにとってみると、写真同士がケンカしなくていいかもしれません。

 

フリースタイル編

よりアナログに近い感じでレイアウトしたい方にはフリースタイルのメニューがおすすめです。

f:id:Katsuox:20170517215442p:plain

グリッドモードと同じように写真を選ぶと、今度は完全にグリッドの枠がない状態で写真が配置されます。

写真を選択することで「サイズ」「角度」「位置」全て自由に変更することが可能です。発想の幅が広がりますね!

 

また、画面左下のグリッドボタンを押して、一部をグリッド形式にしつつ、残りをグリッド枠からはみ出して配置するといったことも可能です。

 

その他の便利機能

ここまでレイアウトについて重点的に見てきましたが、他の機能も充実しています。

f:id:Katsuox:20170517215856p:plain

画面下部の「+」ボタンをタップすると、こんなメニューが。

  • 文字
  • スタンプ
  • 背景
  • 落書き

これだけの機能が揃うと、ほぼアナログのスクラップブックと同じ感覚で使えますね!

画面中央にPic Collageのアイコンが表示されていますが、これもスタンプです。

スタンプも写真と同じように「サイズ」「角度」「位置」を自由に選べます。

 

さいごに

今回はサンプルとして適当な写真を寄せ集めましたが、例えば「〇〇への旅行中に撮った写真」をテーマにしてPic Collageで1枚にまとめることで旅行の思い出を凝縮してみるのがおすすめ。

1枚1枚をスライドしながら見るのもいいですが、全ての思い出が詰まった1枚というのは格別です。

 

また、レイアウトを考える過程を楽しめるようになっている点もポイント。

  • どの写真をメインに据えようかな?
  • 文字はどこに入れようかな?
  • 食べ物と風景をバランス良く配置してみようかな?

なんて、旅行の思い出に浸りつつ試行錯誤するのはちょっとした娯楽になりますよ。

 

写真を撮るのが趣味な人はぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

 

以上!