かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

周囲に怒りを振り撒いてご満悦な方々へ

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170222224439j:plain

 

あなたの周りには周囲に怒りを振り撒く人っているでしょうか?

 

そう、周囲にとっても、怒っている本人にとっても百害あって一利無しなアレです。

特に周囲に非があって振り撒かれる怒りではなく、「なんであの人怒ってるの?」という八つ当たりパターン。

 

ほんと、やめてくれませんか?

 

怒りの表現あれこれ

怒りの振り撒き方も人それぞれ。

どれも等しく不快です。

 

物に当たるパターン

ドアを思いっきり閉めたり、やたら激しくキーボードをタイピングしたり。

壁や机を殴る、なんて人もいますね。

 

個人的にはこれが一番嫌いです。

物を大切にしないという点でもそうだし、言外に「自分はこんなに起こっているんだ。分かってくれ!」という気持ちが透けて見えてみっともないことこの上ありません。

 

無言になるパターン

話しかけても無視したり、不機嫌な表情を隠そうともしない人。

これも腹立たしいですね。子どもかよ?

 

怒鳴るパターン

怒鳴り声をあげて不機嫌さを強調する人もいます。

怒りの表現方法としては一番健全な気もしますが、当たられる方にとってはたまったものではありません。

 

ただ、気持ちを発散すること自体は大事ですから、受け止めてくれる相手を選んで感情をぶつけてみることはアリかもしれません。

 

怒りを振り撒くことの勘違い

実は、僕は中学生ぐらいまで周囲に怒りを振り撒くことはカッコいいことだと思っていました。

まあ、「沈まれ俺の右腕・・・」的なアレです。

 

なんとも恥ずかしい話です。

 

このことについてあえて言い訳をするなら、子どもは物事を客観視する力が弱いという事実。

 

つまり、周囲に怒りを振り撒く自分を他人から見たらどう見えるのか判断することもままならないわけです。

 

したがって、大人になっても上で挙げたような筋違いな怒りの振り撒き方をしている人たちは子どもレベルの客観視する力しか持っていないと言えます。

 

恥ずかしくないの?

 

周囲の人間はどうすべき?

 

救いようがないので放置!

 

言って分かる人ならそもそもこんな子供じみたことしないですよ。

 

最後に

ちょっと今身近で荒れている人がいるので書いてみました。

 

原因はこちらにあるのか?

無言タイプの怒りの振り撒き方なのでさっぱりです。

 

しかも連日。

さすがに場の空気も悪くなるのでなんとかしたいんですけどね・・・

 

以上!

かつおログに対するご意見はこちらから

かつおログへのお問合せについて - かつおログ