かつおログ

低収入のサラリーマンが楽しく生きるための方法を考案するブログ

不動産業者のミスで80万円がまとめて吹っ飛んだ話

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170222235759j:plain

賃貸暮らし10年のかつおです。

その10年の間に3回ほど引越しを繰返していますが、現在住んでいる家を契約する時にちょっとしたトラブルがあったので注意喚起の意味も込めてご紹介します。

 

部屋を探すのに色々見て回るのは本当に疲れますが、業者はちゃんと選んだ方がいいよ!というお話。

 

お部屋探しことはじめ

さかのぼること1年半。

独り暮らし歴はそれなりに長い僕ですが、今回は彼女との同棲を始めるということで、部屋選びにも頭を悩ませていました。

 

彼女の飼ってるウサギさんも一緒でしたし、気になる条件は色々あります。

(↓今やすっかり同居生活にも慣れたウサギさん)

f:id:Katsuox:20170222235812j:plain

抑えたかったポイントは

  • 駅から徒歩15分以内
  • 2LDK以上
  • ペット可
  • スーパーやコンビニが近い
  • 1階じゃない

などなど。

実際に3つの部屋を内覧させてもらい、気に入ったところを即日で契約しました。

 

決め手としては、上の条件に加えて

  • 和室だから少し家賃が安い
  • 「201号室」という形態でなく、同じ階層に1部屋しかないので気楽
  • ちょっと大きめのショッピングセンターが近い
  • 最寄り駅に特急が停まる

といった条件を満たしていたからです。

 

いやー、いい部屋があって良かったなー、というところではあるんですが、どうも業者の対応に「ん?」と思うところが多い。

契約書の書き損じが目立ったり、内覧の際に目的の部屋への道のりを間違えたり。

1つ1つは些細なミスなんですが、積み重ねられるとどうも気になってしまう。

 

まあ、部屋さえ決めてしまえば後はそうそう関わることもないし、大丈夫かな?程度の気持ちで契約自体は無事に完了させることができました。

 

1年後に問題発覚

エアコンを取り付けるための穴が開いていないなど、入居してから気付いたちょっとした不満点もありましたが、特に目立った問題もなく1年が経とうとしていた頃。

 

その日はふと、何の気なしに自分の口座の入出金履歴を眺めていました。

いやー、ニート期間もあったりしたけど、社会人4年目。ぼちぼち貯金も溜まってきたなあ。

なんてニヤニヤしていたら、気付いてしまいました。

 

・・・あれ?家賃引き落とされてなくね?

 

いやいや、待てよ。そんなことあり得るか?

 1年も滞納してたら家主さんがなんか言ってくるだろう。

 

この口座以外から引き落とすようにしたんだっけ?いや、そんなはずない。

 

え、なにこれどういう状態?

現状が全く把握できずに半ばパニックになりつつも、不動産業者に連絡を取る以外に確認をする術もないので連絡。

そしたら、「引き落とされてないのはこっちのミスなので店まで来てください」とのこと。

ここからの対応が最低でした。

 

神対応

契約時に対応してくださった店員さんが応対してくれるとのことでしたが、いざ店に出向いてみるとその方が不在。

まあ、忙しい仕事だし、そんなこともありますよね。

 

先ほどご連絡させていただきました、かつおです。

 

あ、どうもー。ちょっと今担当外してるんですよ。メモ預かってまして、あとはそちらで家主さんと話つけてもらえます?

 

Prrrrrrrrrrr・・・

 

ガチャ

 

はい、もしもしー?(片手でこっちにメモを差し出す)

 

 

えっ

目の前の客より電話優先するか普通!?

 

しかも、家賃が引き落としされていないのはそっちのミスなのに、こっちが家主さんと話つけるの?

 

接客業でこんな人いるんだ・・・

 

カチンとは来ましたが、これで話は終わりだと言わんばかりに電話の方に集中しているので仕方なくそのまま自分で家主さんと話をつけることに。

 

名前と電話番号だけを走り書きした安いメモ用紙ってのがまた不快感に拍車をかけます。

 

事態の収束

家主さんはなかなか電話が繋がらないことを除けば普通にいい人でした。

不動産の収入は毎年年度末にまとめて確認する習慣だそうで、僕が1年間入金していなくても気付いていなかったそうです。

 

今回の件、もちろん1年間確認を怠っていた僕にも非はあります。

もう少し気付くのが遅れていたら、家主さんに催促させる形になって信頼に関わる問題になっていたかもしれません。

 

ギリギリセーフでした。

で、この時に溜まりに溜まった1年分の家賃80万円が一括で吹き飛んだわけです。

 

そりゃあ、払うべきものを払っていなかったんだから当然ではありますが、一括でこの額は痛かった。

そして、どうりで貯金が増えるペースが早かったわけだ。ニヤニヤして損した!

 

また、今後は僕が毎月手動で家主さんの口座に直接振り込む形式を取ることになりました。

なんとか一件落着です。

 

この業者は評判が悪い?

友人にこの話をすると、たまたま同じ業者を利用していた人がいて、やっぱり対応が悪かったとのこと。

 

なんでも、契約書に都市ガスと書いてあるのに、いざ入居してみたらプロパンガスだったとか(プロパンガス高いですよね。)

これはちょっと今回の僕の件より酷い話です。

 

彼の場合、クレームを付けてある程度の差額分払わせる辺りが僕と違うところです。そうやってしっかり相手の落ち度を指摘する姿勢の方が望ましいんでしょうけど、なかなか難しいですね。

 

最後に

あえてこの不動産業者の名前は挙げませんが、自分と友人と、身近な話で悪いイメージがついてしまったので、今後二度と利用することはないと思います。

 

別に僕は今回の対応の悪さに対してクレームを入れる気はありませんが、改めて考えるとクレームも入れずに黙って去っていく客って(店側にとって)悪い客だなあ、と思います。

 

本当に店側のことを気遣う気持ちがある人は是非クレームを入れるべきだと思います!

 

が、僕はそんな気も起きないので今回の件はここまで。

 

そもそも部屋探しの段階で「ん?」と思った直感を大事にすべきでした。

皆さんも業者選びには気を付けてくださいね。

 

以上!