かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

目的地に早めに着いておくことは絶対正義なのか?

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170222225956j:plain

 

一般的に、目的地には余裕を持って到着しておいた方がいいとされていますよね。

 

  • 不測の事態があっても対応できる
  • 気持ちに余裕ができる

 

などのメリットが挙げられます。

でも、本当にこれは絶対正義なんでしょうか?

 

仕事場への到着は何分前?

あなたは毎朝の通勤・通学では何分前に目的地に到着しているでしょうか?

 

なんとなく世間では10分ぐらい前が目安という暗黙の了解がありますよね。確かに、その時間になるとどっと人が押し寄せてくる気がします。

 

僕の場合、到着は始業30分前ぐらい。

通勤に1時間ちょっとかかりますから、7時に家を出ています。

 

30分前なら急な腹痛やちょっとした忘れ物(ペンを忘れたからコンビニで買うとか)に対応するぐらいの余裕がありますし、到着後は休憩スペースで一息ついてから仕事に臨むことができます。

 

やる気が湧けば、人が少ないオフィスで集中して仕事に取り組み始めることだってできますしね。

 

ある種、理想的な到着時間ではあると思うのですが・・・

 

やっぱ早起きしんどいです。

 

早く着くメリットは分かる!分かるんだけど・・・きつい!

 

寝坊した場合

本日約40分の寝坊をしました。

5分で身支度をして飛び出したところ、なんとか10分前に到着。

 

「あれ、これだけ寝坊しても間に合うのか」と、ちょっと拍子抜けしてしまいました(かなり走ったけど)

 

そしてやっぱり、40分も多めに寝るとスッキリします。

これと早く着くことのメリットを天秤にかけると、家でゆっくりしてた方が良い気がするんですよね。

 

早めの到着も絶対正義というわけではなく、ケースバイケースかな、と。

 

早く着くことのその他のメリット

また、早めに出ることのメリットとして「満員電車を避ける」という要素もでかいです。

 

が、上の寝坊した話でいくと40分の差があったわけですが、この程度だと電車の混み具合ってほとんど変わらないんですよね。

 

本気で避けたいならそれこそ普段のさらに30分以上前の時間を狙わないといけない。でも、そこまでいくともうただただ早起きがしんどいです。

 

毎日の仕事以外の場面だとどうでしょうか。

例えば午後からの待ち合わせとか、早起きが絡んでこないならぜひ早めに行って、近くのカフェにでも入ればいいと思います。

 

人と会う時にギリギリに到着すると、気持ちの準備ができなかったりしますよね。

この辺りは早く着くことのメリットは大きいです。

 

結論

早く着くのもいいけど、朝家でゆっくりするのも大事

 

そもそも9時前始業っていうスタイルと通勤時間が1時間もするのが良くない。

この2つの縛りがないライフスタイルが理想的。

 

以上!

かつおログに対するご意見はこちらから

かつおログへのお問合せについて - かつおログ