かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

フリーザの戦闘力をずっと5万3千だと勘違いしていた

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170716190126j:plain

「わたしの戦闘力は53万です」

あまりに有名なシーンであるため、ドラゴンボールに詳しくない人すらフリーザの戦闘力が53万であることを知っている人は多いのではないでしょうか。

 

実は僕、原作でこの一コマを見て、ずっと5万3千だと勘違いしていたんです。

分かりにくい表記

改めて冒頭の画像をご覧ください。

これは実際に原作のフリーザのセリフを改行の位置含め表記を合わせて自作した画像です。見て分かる通り、「53万」ではなく「530000」という表現がされています。

縦向きに530000と表記されると、桁数が多いので非常に分かり辛くないでしょうか。特に漫画は流し読みになってしまうことが多いので、ドラゴンボールの原作は何回も読み返しているにも関わらず、ずっと5万3千だと読み違えてしまっていました。

 

5万3千だと矛盾はないのか

ナメック星編では戦闘力に関するやり取りが頻繁に行われています。

ここで53万を5万3千と読み違えていて、戦闘力に関する矛盾は生じないのかという点について触れておきます。

 

対ネイル

まず、件のセリフはフリーザがナメック星人唯一の戦士タイプであるネイルに対して放った言葉です。

ちょうどこのコマの直前でネイルの戦闘力は4万2千であることが明かされるので、「なるほど。4万2千と5万3千なら1万以上差があるし、これだけ余裕ぶっこけるわけか」と、特に違和感は生じません。

 

対ギニュー特戦隊

また、フリーザの部下の中でも選りすぐりのエリートであるギニュー特戦隊に関してはどうでしょうか。

隊員の戦闘力は作中で明記されていませんが、サイヤ人の戦闘力が6万であることにジースが驚愕していたことから、おそらくは5万程度(グルド除く)

ギニュー隊長に関しては12万であることがジースの発言から分かります。

 

つまり、フリーザの戦闘力を5万3千と読み違えていた場合、ギニュー特戦隊の隊員と同じぐらいの強さということになります。

ギニュー隊長に至ってはフリーザより格上ということになってしまいますね。

 

「なんでそれで気付かないの?」と思われるでしょうか。しかし、ここまで読取っても僕は特に違和感がありませんでした。

というのは、フリーザの第2形態では戦闘力が100万を超えますから、ギニューでは相手にならないわけです。ギニューもフリーザが変身型の宇宙人であることを知っていたと解釈すれば、自分より戦闘力が劣る第1形態のフリーザに従っていることにも納得できました。

 

対悟空

ナメック星到着直後の悟空はギニューの前で18万の戦闘力を披露し、それでもまだ全力でないとの余裕を見せていました。

もしフリーザの戦闘力が5万3千であれば瞬殺です。

 

この段階の悟空に対してベジータは「その程度ではフリーザには絶対に勝てん」と評しましたが、読み違えていた僕は「いや、それはベジータの見当違いだ」として、ここでも違和感は感じませんでした。

 実際、この時点ではまだベジータですらフリーザの戦闘力を測りかねていたでしょうしね。今まで虐げられてきた経験からフリーザの戦闘力を過大評価して、この時点の悟空では勝てないと決めつけてしまったのだと思っていました。

 

まとめ

ということで、フリーザの戦闘力を5万3千と読み違えても特に違和感なく作品が読めるんです。

ただ、こうやって書いてみるとかなり妄想で情報を補完していることに気付かされました。ちょっと複雑な気持ちです。

 

小説だけじゃなくて漫画でもがっつり妄想が入る余地があるとは驚き

 

アニメを観ていれば分かった

アニメでこのシーンを観ていたら、間違いなく53万だと認識できたことでしょう。

ただ、僕の世代ってリアルタイムでドラゴンボールのアニメを観ていたのはナメック星編の後半からな気がする。

 

僕はさらに若干興味を持つのが遅かったので、リアルタイムのアニメはセルゲームの辺りからしか観た記憶がありません。

なので、残念ながら「53万」のシーンは観れず終まいでした。

 

以上!