かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

スパイス香る絶対強者

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170529210011j:plain

本日、1つの重大な事実を発見してしまいました。

それは、どんなに美味しい物を食べていても隣でカレーを食っているヤツがいたらカレーの方が食べたくなってくるということです。

この事実が悔しくて仕方ないので愚痴ります。

 

カレーという名の絶対強者

カレーは言わば料理の主役。ヒーローです。

カレーうどんはカレーが主役。カレードリアもカレーが主役。カレーパンもカレーが主役。何と混ぜても相手を脇役に変えてしまう絶対強者。それがカレー。

もし料理を擬人化したキャラでバトルするソシャゲが出てきたらカレーは間違いなくSレアキャラクターになると思います。

 

それぐらい強い。

しかも、ただでさえ舌を刺激する強烈な味を持っているのに、それにプラスして周囲のにおいを全てかき消すぐらいの香りまで放つというスキル持ち。

例えるなら強力な単体攻撃と範囲攻撃を兼ね備えた万能タイプと言ったところ。

 

また、市販のカレーは甘口~辛口までを取り揃えることで小さい子どもから大人までを幅広くターゲットに取るというチートぶり。

絶対強者の名に相応しい貫録を見せつけています。

 

本題

ここまで前置きです。

本日月曜日。憂鬱な週明けでしたが、僕にはささやかな楽しみがありました。というのは、博多のちょっと良い感じの駅弁が家で待っているからです。

少し早めに仕事を切り上げてルンルン気分で帰路につきました。

 

いざ家に帰ってみると、珍しく嫁が僕より早く帰ってきていました。

当然「じゃあ、一緒に晩御飯にしよっか?」と、なります。ここまでは問題ない。

 

問題は、僕が駅弁を食べている横で嫁がレトルトカレーを食べ始めたことです。

カレーについては前置きで触れました。例えそれが具の入っていない安物のレトルトカレーだとしてもカレーはカレーです。絶対強者に違いありません。

すっかり僕は駅弁気分を削がれてレトルトカレーの魔力に染まってしまいました。いや、もちろん消費期限もあるので駅弁を食べたんですけど、美味しさが半減してしまったような喪失感に襲われています・・・

 

美味しそうな駅弁もカレーの前では無力でした。絶対強者恐るべし。

 

さいごに

カレーを食べる時はみんなで一緒に!

以上!