かつおログ

低収入のサラリーマンが楽しく生きるための方法を考案するブログ

どこか懐かしい「牧家の白いプリン」に癒されたので紹介する

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20171201222804j:plain

なんだか風船のような形のこの物体。実はプリンなんです。

甘いもの好きとしては、この見た目の愛らしさと「ミルク祭り」というなんともスイーツ好きの心をくすぐるイベントで見かけた効果も相まって即買いしてしまいました。

 

今回はこの「牧家の白いプリン」をご紹介。

 

牧家とは

牧家(bocca)は乳製品を中心とした食べ物を扱っている会社です。

商品紹介|株式会社 牧家

調べてみると、実店舗は北海道にしかないんですね。なので、ほとんどの人はオンラインでしか注文できないということになります。

僕も今回の「ミルク祭り」のような出張販売の機会がなければ知る機会もなかったかもしれません。

 

牧家のクリームブリュレ

ここで冒頭の写真の話に戻りますが、実は並んでいる2つの容器はそれぞれ別の商品になっています。

今回のメインの白いプリンは写真の手前側の商品。一方、奥側の黄色い風船が入っている方はクリームブリュレとなっています。白いプリンの前にまずはこちらから見ていきましょう。

 

f:id:Katsuox:20171201224043j:plain

食べ方としては、まずこの風船にフォークなどの尖ったものを突きさします。

 

f:id:Katsuox:20171201224145j:plain

風船が割れて、簡単に中身が取り出せます。必ず小皿などの上でやりましょう。

今回はちょっと失敗したパターン。割った時に形が崩れてしまいました。

 

f:id:Katsuox:20171201224357j:plain

そのまま食べても美味しいですが、付属のキャラメルクラッシュをかけて食べるのも良し。

 

f:id:Katsuox:20171201224433j:plain

甘々です!

甘党が満足できる味になっていながらも、そこまでしつこくないところがいいですね。

牧家の白いプリン

ここからが本番!

白いプリンです。確かにクリームブリュレも美味しいのですが、僕は断然白いプリンを推したいです。

f:id:Katsuox:20171201224649j:plain

こちらはなかなか綺麗に割ることができました。

ためらわずに思いっきりフォークを突きさす方が綺麗に取り出せる気がしますね。

 

ところで。

白いプリンが余りに美味しすぎて食べるのに夢中になるあまり、写真がこれ一枚しかありません。

本当に伝えたいのはこっちなのに!

 

クリームブリュレにはキャラメルクラッシュが付いてきましたが、白いプリンの方はこれがカラメルソースに代わっています。

 ↑この写真の下側に溜まっているのがカラメルソースですね。

でもしかし、このソースかけるかどうかすごく迷うんですよ。白いプリンそのものが美味しすぎて。

どこか懐かしさを感じるミルクプリンの風味。確かにミルクの濃厚さを感じるのに「あっさり」という表現もしっくりくる食べやすさ。それでいて甘いもの好きな人も満足させられる驚きのバランス感覚。

 

これがカラメルソースをかけてしまうとただひたすら甘いだけになってしまいます。

いや、もちろんそれはそれで美味しいですし、その日の気分によってはそういう食べ方をしたくなることもあるんですけど、食べた後に「ちょっともったいないことしたかも」と後悔するぐらい白いプリンが美味しいんです。

 

甘いもの好きな人は一度試してみる価値ありです。

値段もお手頃ですしね。

 

おまけ:塩キャラメルプリン

もう一種類、僕はまだ食べていないですが塩キャラメルプリン味もあるようです。

これも写真を見る限りキャラメルクラッシュのようなものが付属している感じですかね。

美味しいんでしょうけど・・・白いプリンを超えることはないだろうなー。

 

以上!

▼甘いもの好きのための関連記事▼