かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

なぜ競合が増えると不利なのに他人にブログを勧めるのか?

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170222224840j:plain

 

読者に対してブログを始めることを勧めるような記事を見たことがないでしょうか?

 

かく言う僕も以前にそんな記事を書いています。

「今日も無駄な時間を過ごしてしまった・・・」のなくし方 - かつおログ

 

一般的に、ブロガーにとって競合が増えることは不利なはずです。

収益と言う観点で見てももちろんですし、PVだって人口や、各人の使える時間には限りがあるんですから有限です。

 

競合が多いほど不利になるのは自明ですよね。

それなのになぜ他者にブログを始めることを勧めるのでしょうか?

 

今回はその理由について3つの視点から考察します。

 

理由1:ブログ論の需要を挙げる

特に雑記ブログをやっているとブログ論を書きたくなる気持ち、誰でもありますよね。

 

この記事もまさにブログ論にカテゴライズされます。

このブログ論、当たり前ですがブログをやっていない人にとっては全く興味が湧きません。

 

つまり、他者にブログを勧めてブログ人口を増やすことでブログ論の需要を上げるという行為は自分の記事を読んでもらえる可能性を上げるという意味で理に適っています。

 

理由2:ある程度の成功者が言う場合

さて、このブログを他者に勧めるという行為、ある程度ブログで成果を出している人が口にするとまた事情が変わってきます。

 

成功している=自分に余裕がある状態の人って、どうも自然と他者に貢献することに価値を見出すステージに移行するようなんですよね。

 

芸能人が被災地に寄付する行為とか、まさにこれです。

 

「人の役に立つためにはまず自分を満たさないといけない」とはよく言ったものです。

 

「自分を幸せにしてくれたブログを通して、多くの人に幸せになってほしい!」と心から願える余裕があるなら、競合が増えるとしてもブログを勧めたくなるものなのかもしれません。

 

競合が増えても自分は既に地位を確立しているという自信もあるでしょうしね。

 

僕はこの境地には至っていないので想像でしかありませんが、的を得ていると思います。

 

理由3:自分が読者側の場合

一方、ブログを書いている人間も同時に他のブログを読む読者でもあるわけです。

そうすると、ブログを他者に勧めることでブログ人口が増えれば、より多様な価値観を持った人たちの記事を読むことができる可能性が上がるわけです。

 

そういう意味で「ぜひ色んな人にブログを始めてほしい!」と勧めるのは自然なことですよね。

 

メリットとデメリットを天秤にかける

以上、3つの理由を挙げました。

つまり、これらがブログを他者に勧めるメリットになるわけです。

 

一方、冒頭で述べた通りに競合が増えるというデメリットも確実に存在します。

 

このメリットとデメリットを天秤にかけた上でメリットの方が大きいと感じるならブログを他者に勧めるのは大いに結構だと思います。

 

僕の場合

個人的には、世の中に幸せな人が多い方が犯罪は減ると思うので、多くの人がブログを通して幸せになれたらいいなー、とは思います。

 

まあ、ブログはあくまで手段なので、方法はなんでもいいんですけどね。

 

以上!

 

かつおログに対するご意見はこちらから

かつおログへのお問合せについて - かつおログ