かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

シュノーケリング、こんな人はやらない方がいいよ!

Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20170223000350j:plain

シュノーケリングって知らない人はいないと思います。

 

上の画像のような機材を使って、水面近くを泳ぎながら水中の様子を楽しむことができるアクティビティです。

 

では、実際にやったことがある人はどれぐらいなのでしょうか?

残念ながら調べても統計情報がなかったので分かりませんが、身の周りの人に聞く限り、2人に1人もいないのではないと思います。

 

で、この夏沖縄でシュノーケリングをやってきたんですが、実はもう二度とやりたくありません

 

なので、未経験の人が僕と同じ轍を踏まないように「こういう人はシュノーケリングをするのに向いていない!」という話をさせていただきます。

 

余談ですが、ダイビングと違って酸素ボンベを背負わないのがシュノーケリング。

手軽な分、深い場所には潜れないのが特徴です。

 

以下、本題。

 

シュノーケリングをしない方がいい人

早速結論ですが、乗り物酔いしやすい人はシュノーケリングには手を出さない方が無難です。

 

なぜか?

 

水面付近を漂うと当然波に揺られます。

波酔いします。

 

浮き輪でゆらゆらするのと違い、足ヒレを装着するだけなので揺れがダイレクトに伝わりますし、シュノーケルがある分呼吸もし辛いので酔いやすさハンパないです。

ウェットスーツが体を圧迫するのも酔いやすさに拍車をかけてます。

 

加えて、シュノーケリングをするポイントまではある程度船で移動するので、船酔いのリスクもありますし、そこまで移動してしまうと気分が悪くなってもすぐに引き返せるわけではありません。

 

陸に戻るまで拷問のような時間が続きます。

綺麗な海にゲ〇をぶちまけるのは誰だって避けたいですよね?

 

乗り物酔いしやすい自覚がある人、シュノーケリングは諦めましょう!

 

シュノーケリングのいいところ

「やめとけ」というだけなのもなんなので、いいところも挙げておきます。

 

一番は魚に直に触れられることです。

中にはパンくずを貰ってシュノーケリングができるプランもあったりするので、上手いこと手の平に寄せる形で餌やりができれば、魚たちにつんつんされる感触が味わえます。

 

・・・

 

・・・

 

それぐらい、ですね。

水中の綺麗な景色が見られるなんて言うまでもないですし。

 

その他の所感

その他、シュノーケリングをやってみて学んだこととしては、泳げなくても全然問題ないってことが1つ。

 

それから水着を着用してからウェットスーツを着るということが1つ。

これ、常識なんでしょうか?

 

全然知らなくて水着を持参していなかったので全裸に直でウェットスーツを着るハメになりました。

 

何、この背徳感・・・!

僕、いけないことしてるみたい・・・!

 

 

皆さんはしっかりシュノーケリングを楽しむために、下調べを忘れないでくださいね。

 

以上!

 

かつおログに対するご意見はこちらから

かつおログへのお問合せについて - かつおログ