かつおログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつおログ

「経験をカタチに」をテーマに、日々の行動・思考を記録、分析、活用し、より良く生きるための方法を考察します。

【明日は我が身】職場から消えていった人たちのその後が気になって仕方ない

理想の生き方 理想の生き方-やりたくないことを知る
Hatena Feedly

f:id:Katsuox:20161028211533j:plain

社会人になってそろそろ5年目になろうというところですが、辞めていく人たちをたくさん見てきました。

 

職場を転々とする仕事なので、関わってきた人たちは100人近くなります。

その中で、仕事を辞めていった人達は覚えているだけでも15人。

更に、その中で穏便に退職していった方は1人だけです。

 

残念ながら、ほとんどが職場に馴染めずにフェードアウトしていった人たちばかり。そんな人たちのその後が気になって仕方ありません。

 

僕も一度新卒からドロップアウトした身。とても他人事とは思えない。

悲惨な末路

最も衝撃的だったのは、僕の教育係だったAさんの退職の経緯です。

40代前半で結婚もしていたAさんは、余り仕事での数字は出せていない方でしたが、気さくで接しやすい先輩でした。

 

ですがある日、会社上層部の業務内容抜き打ち検査があって、Aさんが不正をしたことがバレてしまったんですね。

検査が入った時のAさんの焦った顔が今でも忘れられません。

 

僕が帰った後に厳しい追及があったことでしょう。

当然、別れの挨拶もなく、Aさんは次の日から2度と出社してくることはありませんでした。

悲惨な末路2

別の先輩Bさんは勤続10年でしたが、なかなか結果が出せていない方でした。

仕事は辛そうでしたが、特に転職する気はないらしく、黙々と日々の業務を行っていました。

 

ですが、とうとう会社側から見切りをつけられて、自主退職に追い込まれる形でひっそりと辞めていきました。

 

やはり挨拶はなし。

 

自主退職扱いにされたことで、10年勤続にも関わらず退職金は出なかったようです。

本当にやるせない。

悲惨な末路3

その他、1ヶ月も経たずに辞めていくような方たちが多数でした。

その背景として、

 

・元引きこもり

 

・20代後半職歴なし

 

・50代で転職

 

といった経歴の方が多かったように思います。

職場の他のメンバーの嘲笑の対象になり易く、卑屈な方が多い。

 

見ていて悲惨です。

 

そんな人が7人に1人もいる社会って、どうなの?

そりゃあ先行きも不安になるよ。

人間って汚い

なんでこんなとりとめもない記事になるかって?

夜更かしして闇金ウシジマくん読んでるから!

 

全話一貫して胸クソなのに、ついつい読む手が止まらなくなってしまう。

なんなんだろう、この感覚。

 

他人の不幸は蜜の味、を漫画で楽しんでいる感じ?

 

なんとも心の汚い話ですが、ちょっと気分が後向きな時は、そんな娯楽も悪くないかもしれません。